よさこいが地域振興に最適である3つの理由


こんにちは。
よさこい辞典編集長の山口敦子です。

よさこいは地域振興の手段として最適だと思います。
その理由は・・・

よさこいによって
地方に人が集まり 、人が繋がり、全国に発信できるからです。

1、地方に人が集まる

DSC03802

イベントをして人を集めるのって大変ですよね。
有名人を呼んだりアンパンマンを呼ぶのにはお金がかかりますし、
だからって参加費を有料にすると一般の参加者はかなり減りますよね。
アマチュアミュージシャンを呼ぶのにだって交通費位はかかるけれど、
よっぽど有名な人でなければ人は集まりませんよね。

よさこい祭りならお金と人が集まります。
なぜなら多くの出演者=多くの参加者だからです。
大きいチームだと100人を超える所もあります。
よさこいの踊り子さん達は、出演者であるにもかかわらず、タダで出演してくれるどころか、
参加費も払ってくれます。さらにはイベントでの出店や地方にもお金を落としてくれるのです。

たとえば、よさこい辞典の拠点である福岡県久留米で
有名なよさこいのお祭りは「YOSAKOIみづま」です。
YOSAKOIみずま祭りの様子はこちらの記事をどうぞ>>

久留米市三潴(みづま)町は2005年に久留米市になった
1万5千人程度の町です。

そこのお祭りに2014年には県外から約30チーム、県内から約20チームが
集まっています。合計約50チームです。1チーム20人で計算しても1000人です。
参加者とその家族や知り合いだけで数千人規模の来場者が予想できます!!

全国からたくさんの人が交通費払って、さらには参加費まで払って
出演してくれるなんてこと
他のイベントでは考えられないですよね!!

2、地方の人が繋がる

DSC05230

地域振興は行政や一部の団体が行うのではなく、
地方に住む一般人々が協力して行うのが理想だと思います。
そのために必要なのは年齢、性別、仕事を超えた
「幅広い人と人との繋がり」ではないでしょうか。

よさこいは老若男女、幅広い年代の人が世代を超えて楽しめるものです。
よさこい辞典の取材で明らかになりましたが、よさこいをやっている多くの人は、
よさこいとは「つながり」と思っています。
よさこいは地方に幅広い人と人との繋がりを生むのです。

よさこいの場合、チーム内はもちろんですが、チーム同士のつながりも強いのです。
多くのよさこい祭りでは地元のチームが協力して作り上げていますし、
多くのお祭りでは交流会も開催されています。

私は以前、かごしま春祭大ハンヤの交流会に参加させて頂いたことが
あるのですが、余興のクオリティの高さとチーム間の仲の良さに本当にビックリしました!!
DSC05309

あ、そういえばもうすぐですね、
今年は4月30日、5月1日に開催されるみたいですよ!!
詳細はこちら(かごしま春祭 大ハンヤのHP>>

3、全国に地方を発信できる

05-DSC09296

通常のイベントの参加者はその周辺の人であることが多いかと思いますが、
よさこい祭りの場合は全国から人が集まります。
逆に言うと、よさこいチームは全国各地の様々なお祭りにに参加します。
よさこい祭りの中には「曲に地方性が入っている」ことを参加用件としているところもあります。

地方のよさこいチームは、全国各地にその地方を宣伝しに行ってくれるのです。

最近、地方PR動画が流行っているみたいですね。
私は福岡県柳川市のPR動画が好きです。


可愛くて楽しい動画ですよね~。

でも動画に多額の予算使うのもいいけれど、
実際にご当地アイドルが全国各地に踊りに行くのはどうですか?

この可愛い女の子たちに鳴子さえ持ってもらえれば、
衣装も振り付けも曲もこのままで
よさこい祭りに参加できますよ~。

動画と相乗効果でよくないですか?
お祭りでもネットでも話題になること間違いなし!!

よさこいに決まった形なんて実はないのです。

長崎県佐世保市の県立大学のチームに
「リズム戦隊メロディアス」という戦隊ヒーローの
チームだっているくらい。(写真上)

面白いチームを作ればきっと
「あれどこのチーム?」と話題になるはずです。

 

 

 

ねっ、よさこいって地域振興に最適でしょっ!!

地域振興の為には、まず、よさこいチームを立ち上げましょう。

チーム名はその地方を表す名前が良いでしょう。

使用する曲や衣装はその地方の方言、名物などを取り入れた、
できるだけ奇抜で斬新な目立つものが良いでしょう。

奇抜で斬新なよさこい楽曲を作るなら、
今、会いに行ける作曲家
コドモサイズクリエイションの
山口隆博にお任せください。
HPはこちら>>

この記事を書いた人

<記事>

よさこい辞典編集長 山口敦子

<写真>
YOSAKOI作曲家 やまぐちたかひろ
www.facebook.com/takahiro.yamaguchi.71
申請、フォロー、お気軽にどうぞ。
Takahiro Yamaguchi | バナーを作成

長崎県佐世保市出身、福岡県久留米市在住。
1981年生まれ、身長186.5cm。メガネと帽子がトレードマーク。
2013年生まれの娘が可愛くて仕方ない今日このごろ。

過去に制作したYOSAKOI楽曲はこちら
bit.ly/1Kot3Eb

ブログはこちら
www.kodomosize.net/


くるめ藩|明るく楽しくYOSAKOI!


7/20(月)海の日に、久留米市で行われた「くつフェスタ」に行ってきました。
会場は老舗デパート『岩田屋』の屋上にある「SORA-IRO広場」です。

「くるめ藩」のみなさんにとっての
『よさこいとは』、「明るく楽しくYOSAKOI!」。

写真の表情を見たら一目瞭然ですね♪
ちなみにリーダーで振り付けをされているの津田さんは日本舞踊の先生だそうです。

実際にどんな演舞をされるのか楽しみです。

DSC07158 (2)次回は衣装でもお願いします♪

DSC07161 (2)明るく楽しくYOSAKOI!

DSC07163 (2)この謎のキャラクターは一体・・・


ボケ防止のもと|ムーンスター踊り隊


7/20(月)海の日に、久留米市で行われた「くつフェスタ」に行ってきました。
会場は老舗デパート『岩田屋』の屋上にある「SORA-IRO広場」です。

「ムーンスター踊り隊」のみなさんにとっての
『よさこいとは』、「ボケ防止のもと」。

よさこいの効能は幅が広すぎです(笑)
皆さん、めちゃめちゃ楽しそうで、快く取材に応じて頂きました。

ありがとうございます!!

DSC07149 (2)

DSC07151 (2)
よさこいとは「ボケ防止のもの」