田植えの帰りにたまたま遭遇!『城島エツ祭り』でよさこい見てきた!


久々の投稿となってしましました。
よさこい辞典の編集長、
2歳児の母、山口敦子です。

実は、今年は全くよさこい祭りに
行けてないんですよね・・・・

そろそろ行かないとな・・・
と思っていたところ、
先日たまたま遭遇しました。

先日、家族で田植えに城島に行ってたのですよ。
水遊び大好きな娘は喜ぶかと思ったら
怖がって全然入らない(笑)

DSC04638

DSC04624

で、その帰りにお祭りがあってるよーって聞いて
ポスター見てみると
よさこいが出てる!!!

これは行くしかない!!!

DSC04682
来てみるとちょうど
久留米よかたいさんの演舞があっていました!!
ちょうどよかった~^^
久留米よかたいさんは
お祭りでも何度かお会いしたり、練習見学&取材もさせて頂いていたのですが、
こうやって地元のお祭りで演舞を見るのは初めてかも!!

DSC04691
さすが!の演舞でした~^^
DSC04689

そして!さらに!!!
ずーっと気になっていて取材させてもらいたいなーと
思っていたチームさん♡
亜舞王(あまおう)さん♡

お子さんのチームさんということは知っていたのですが、
結構大きいお子さんが多いのですね!

みんあ大人っぽくて可愛い♡
衣装も超本格的で素敵♡
DSC04698
髪飾りはなんと!手作りだそうです!!
これは・・・・親御さん達、尊敬!!!
DSC04711

小道具の傘も超素敵♡

DSC04736
演舞も大人顔負けです。
DSC04773

久留米よかたいさんと亜舞王(あまおう)さんの演舞を見れて
大満足したので、
エツのから揚げを試食させてもらって
超大特価の野菜を大量に買って
帰りました。

あなたにとってよさこいとは?の取材ができなかったのが
唯一の心残り。
今後はホワイトボード持ち歩かなきゃな~。
DSC04885

この記事を書いた人

<記事>

よさこい辞典編集長 山口敦子

<写真>
YOSAKOI作曲家 やまぐちたかひろ
www.facebook.com/takahiro.yamaguchi.71
申請、フォロー、お気軽にどうぞ。
Takahiro Yamaguchi | バナーを作成

長崎県佐世保市出身、福岡県久留米市在住。
1981年生まれ、身長186.5cm。メガネと帽子がトレードマーク。
2013年生まれの娘が可愛くて仕方ない今日このごろ。

過去に制作したYOSAKOI楽曲はこちら
bit.ly/1Kot3Eb

ブログはこちら
www.kodomosize.net/


九州で本場高知の「よさこい」を体感しよう!!4月29日(金)久留米に高知の名門チーム「上町よさこい鳴子連」がやってくる!!


九州の踊り子の皆さん、ニュースです!!

4月29日(金)福岡県久留米市て行われる『くるめ楽衆国(がっしゅうこく)まつり』に、よさこいの本場、高知の名門チーム「上町よさこい鳴子連」さんがやってきますよー!

今月のイベント出演は遠征になります。上町よさこい鳴子連が九州に初上陸!福岡県久留米市で開催される「くるめ楽衆国まつり」にゲスト出演することになりました♪中心地区の再開発として建てられた複合施設『久留米シティプラザ』のオープン…

上町よさこい鳴子連さんの投稿 2016年4月8日

というわけで「上町よさこい鳴子連」さんが久留米にいらっしゃる経緯などを取材してきました!

お話しをお伺いしたのはこの方々。

DSC01236

NPO法人くるめ日曜市の会の、
福山 直子さん(写真左)、若江 皇絵(わかえはなえ)さん(中央)、廣岡 睦さん(右)。

いやー、笑顔がステキです♪

「くるめ楽衆国(がっしゅうこく)まつり」とは?

2016年4月、久留米にオープンする多目的ホール、「久留米シティープラザ」。

その開業を記念して大々的に行われるのが「くるめ楽衆国まつり」です。

久留米市、商工会議所、商店街組合、まちなか活動をする市民団体など官民が一体となり久留米市の中心部で様々な催し物が行われます。

注目は久留米のメインストリート「明治通り」が歩行者天国になること。

上町よさこい鳴子連さんの演舞も、この歩行者天国の特設ステージで行われます。

naoko
今まで明治通りが歩行者天国になるのは毎年8月に行われている「水の祭典」だけだったんです。

しかも、水の祭典では道路は出演者が踊るスペースだったんですが「くるめ楽衆国まつり」では市民が道路を自由に歩き回れるんですよ!

これは高知の日曜市をお手本としてきた私達「くるめ日曜市」にとって悲願だったんです。

「くるめ日曜市」とは?

2012年4月から毎月最終の日曜日に開催されている「くるめ日曜市」。

明治通りのアーケードには、久留米を中心とした筑後エリアの様々なお店が集まります。

DSC00092
※2016年3月27日の様子。この日はタレントのスザンヌさんが日曜市の取材に訪れましたよ!
スザンヌオフィシャルブログ「こども食堂。」
ameblo.jp/suzanneblog/entry-12143788112.html

hanae
久留米のいいもの、宝が集まる日曜市。それを久留米の子どもたちをはじめ、多くの人達に伝えたいんです。

市民の皆さんが「くるめ よかろうもん(いいでしょ)」と胸を張って紹介できる久留米にしたい。

ちなみに、こんな感じのお店が出店されていますよ。

DSC00091

DSC00090

久留米と高知の関係って?

hanae
わたし、8年前に福岡から久留米に引っ越してきたんです。
そんなとき久留米の方から
「福岡のほうがよかやろ?久留米も昔は良かったけど今はもうダメよ~」
という言葉を聞きました。

きっと言われたご本人は謙遜でおっしゃっていると思うんですが・・・

いやいや、そんなことない!
久留米にはステキなものがたくさんある!
それを久留米の人が誇れる街にしたい、と思ったんです。

そんなとき、たまたま出かけた高知で出逢った日曜市の素晴らしさに感動しました。

この「日曜市」が久留米にあったら、きっと久留米の人も誇りを取り戻せるに違いない!と確信。

会う人会う人にそんな話をしていく中で賛同してくれる仲間ができました。

※高知の日曜市とは、300年以上の歴史を持つ土佐の日曜市のこと。高知のお城下追手筋において,全長約1300mにわたり,約500店が軒を並べています。

naoko
はなえさんが「高知に日曜市ってあるとよ、おもしろそうじゃない?」っていうんで「ふーん」って返事したら、次の日「これだけ経済効果があるのよ!」って数字を並べた資料を持ってきて(笑)

その熱意に心を打たれて、一緒に高知に視察に行ったんです。

「久留米に来たばっかりの人がこんなに久留米を想ってるんだ」って。
久留米市民として、ありがたいやら申し訳無いやら・・・

mucchann
はなえさんの執念、半端ないですよね。

職場にやってくる保険の営業さんなんかにも、逆に高知の日曜市の営業話しをしていたとか(笑)

hanae
それでも共感してくれる人が集まって、やっとの思いで「くるめ日曜市」を開催することができたの。

naoko
ほんと、視察には何回行ったことか。
そのたび、高知の皆さんには温かく迎えて頂いてたくさんアドバイスも頂きました。

そして、構想から8年、今回、悲願の歩行者天国が実現することに!

mucchann
これはお世話になった高知の方にも見て頂きたい、と思いました。

hanae
久留米でいろいろとアドバイスをして下さった方の親友の方が、高知で「上町よさこい鳴子連」さんの代表をされていて

『絶好のこの機会にお世話になった高知の皆さんに久留米の歩行者天国を見て欲しいし、高知のよさこいを久留米の皆さんにも見てほしい』と交渉して頂いたところ、
naoko
なんと無償での出演を快諾してくださったんです!

もう、本当に嬉しいプレンゼントでした!!

mucchann
久留米と高知の絆が生んだステージですよね。
久留米の皆さんに、本場高知のよさこいを感じて頂きたいです。
私達も今から楽しみで仕方ありません!!

「上町よさこい鳴子連」のココがスゴイ!

それでは、4月29日(金)に久留米にやってくる「上町よさこい鳴子連」のご紹介を。

坂本龍馬生誕の地、高知県高知市「上町」のチーム。

高知で「よさこい祭り」が始まった第一回から第62回よさこい祭り(2015年)まで一度も休むことなく連続で出場!!

それでは、一糸乱れぬ華麗な演舞をご覧ください。

ちょっと奥さん、これが生で見れるんです!

4月29日(金)は「くるめ楽衆国まつり」へ!

mucchann
「くるめ日曜市」の出店者の方とお客さんの距離が近い、和気あいあいとした雰囲気を感じて頂ければと思います。

そして「上町よさこい鳴子連」も間近に感じていただきたいです!

naoko
これをきっかけに久留米の「よさこい熱」がもっともっと盛り上がればいいですね。

そして、皆さんの「くるめ愛」を表現する場所として「くるめ日曜市」が育っていけたらいいな。

hanae
久留米と高知が繋がったように、いろいろな地域と繋がりができたらいいですね。

特設スケジュール
———————————–
歩行者天国10:00~15:00
特設ステージ
10:00~15:30(予定)
上町よさこい鳴子連は、トリの約30分間での出演予定です!
———————————–

みなさんのサポートをお待ちしています

NPO法人くるめ日曜市の会の皆さんは今回の企画を成功させるためクラウドファンディングを行っています。

下記ページから詳細をご覧いただけます。

ぜひご覧ください。

faavo.jp/fukuoka/project/1193

4月29日(金)はぜひ久留米へお越しください♪

■NPO法人くるめ日曜市の会
www.facebook.com/kurume.sunday.mkt

■上町よさこい鳴子連ホームページ
www.kamimachi.net/

この記事を書いた人

<記事・写真>
YOSAKOI作曲家 やまぐちたかひろ
www.facebook.com/takahiro.yamaguchi.71
申請、フォロー、お気軽にどうぞ。
Takahiro Yamaguchi | バナーを作成

長崎県佐世保市出身、福岡県久留米市在住。
1981年生まれ、身長186.5cm。メガネと帽子がトレードマーク。
1歳の娘が可愛くて仕方ない今日このごろ。

過去に制作したYOSAKOI楽曲はこちら
bit.ly/1Kot3Eb

ブログはこちら
www.kodomosize.net/


元社員が語る『ジャパネットたかた』に決定的に足りないもの


ジャパネットたかたには『よさこいチーム』が必要だと思います。
その理由は以下の通り。

1、本社の佐世保では九州最大の祭りがある

ジャパネットたかたの本社がある長崎県佐世保市では
九州最大のよさこい祭りが毎年開催されています。

YOSAKOIさせぼ祭りには九州各地からよさこいチームが
参加しますが、その中には企業チームもあります。

例えば、親和銀行
親和銀行 輝〜Kirari〜

三年前に取らせて頂いた写真ですが、
企業カラーである緑の衣装を着た可愛い社員のお二人。

DSC00469

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらは最近超有名になった
JR九州
JR九州櫻燕隊
DSC00556

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

九十九島せんぺいや赤い風船など、佐世保の銘菓で有名な

株式会社 九十九島グループ
菓楽

演舞の前にお菓子を配ったりもされています。
DSCF5815-001

佐世保の海上自衛官

海闘
DSCF5830-002

もしジャパネットがチームを作ったら

J君をはじめとする着ぐるみ達が踊るのかな・・・。
演舞中に通販しても面白いかも・・・
なんて妄想が膨らみます。

ジャパネットたかたもYOSAKOIさせぼ祭りの
スポンサーになってはいますが、

お金を出して看板やHPにロゴ載せるだけではなく、
実際に出場して踊ったほうが断然インパクトあるし、
宣伝効果も絶大ではないでしょうか。

2,社員が若くてノリがいいから

ジャパネットたかたの社員は若い社員がとても多いです。
約4年前、当時私が27歳で社員だったときの感覚だと、
自分位の歳がちょうど真ん中くらいだった気がします。

私が入社時には29歳が平均って聞いた気がしますが、
今はもっと若いんじゃないかな・・・

そして、主観ではありますが、元気でノリがいい人が多い!
スポーツ大会等の社内のイベントは超盛り上がってたし、
望年会や結婚式とかの、余興のレベルが高くていつも驚いてました。

若くてノリがいい人、
ほら、よさこいにピッタリでしょ。

佐世保本社の近くには福利厚生施設もあるから
仕事終わった後にでも練習できるし。

3地元との人との交流になる

私が社員当時感じていたことですが、
佐世保の人って、ジャパネットが好きな人が多いんです。
だから、社員だと言うことがとても誇らしかったです。

佐世保の人は元社長情報とかを知りたがります。
飲食店とかではよく社長が来たという話を、自慢話のように
聞いてましたし、とにかく評判がとてもいいんです。

でも、一方で多くの社員が地元の人と関わる機会って
ほとんどない気がしていました。
仕事が忙しいからと言ってしまえばそれまでですが、
全国から人が集まる超有名なお祭りが近くであってるのに、
会社はスポンサーにもなっているのに、
多くの社員が知らないってなんだか寂しくないですか?

 

 

 

最後に、こんな記事を書いた一番の理由は
辞めた今でもジャパネットたかたのことが
大好きだからです。

諸事情あって泣く泣く辞めましたが、
やめる日は寂しくて本当に泣きました。

現社長をはじめ、たくさんの方々に
本当にお世話になりました。
みなさんのことが大好きでした。

もし、本当によさこいチームがジャパネットに
出来たらまたみなさんと関わる機会ができるかな、

そしてさらに、
万が一、コドモサイズクリエイションに曲のご依頼頂けたら
打ち合わせで本社に行きたいな、
同期に会えるかな、
タニタ食堂とか入って新しくなった本社を
久々見れるかな・・・

なんて勝手に妄想してしまいました。

また、微力ながらこのような形で
御社の宣伝に少しでもなればと思っております。

ジャパネットたかた様、
もし今ご注文頂ければ
以前の感謝の気持ちを込めて
大特価でお作りしますよ!!

もちろん、お見積、打ち合わせ費用は無料、
ご希望であれは
分割手数料も無料!
さらに、今回は特別に送料も無料で
御社にぴったりのオリジナル
よさこい楽曲をお作りします!

ご注文、お待ちしております!!

この記事を書いた人

<記事>
よさこい辞典編集長 山口敦子

通信販売会社に3年勤務後、ピースボートに乗船し、結婚。
YOSAKOI作曲家の夫の宣伝の為に「よさこい辞典」を立ち上げる。
ピースボート、民泊サービスAirbnb、グリーンコープについて
ブログ執筆中。
atsuko.boo.jp/

<写真>
YOSAKOI作曲家 やまぐちたかひろ
www.facebook.com/takahiro.yamaguchi.71
申請、フォロー、お気軽にどうぞ。
Takahiro Yamaguchi | バナーを作成

長崎県佐世保市出身、福岡県久留米市在住。
1981年生まれ、身長186.5cm。メガネと帽子がトレードマーク。
2013年生まれの娘が可愛くて仕方ない今日このごろ。

過去に制作したYOSAKOI楽曲はこちら
bit.ly/1Kot3Eb

ブログはこちら
www.kodomosize.net/