「よさこい辞典」は九州在住のよさこい作曲家 山口隆博と、 その妻でWeb制作者の 敦子が「踊り子未経験」の視点から、よさこいの普及発展のため運営しています。

過去の制作実績はこちら>>

よさこい作曲家が思う「YOSAKOI楽曲制作」のおもしろさ


コラージュ

自分独りでは創れないものが生まれる

ということに尽きます。

こんにちは。
YOSAKOI作曲家のやまぐちたかひろです。

今月は地元長崎でまとめて打ち合わせが入り、
どれもおもしろいお話をさせて戴くことができました。

年末年始にも打ち合わせの予定が入り、
嬉しい限りです。

打ち合わせで楽曲のお話しをしていて良く思うのですが、
本当に「YOSAKOI楽曲制作」は、おもしろいです。
当然、大変なこともたくさんありますが(笑)

いわずもがな、
よさこいの楽曲は「YOSAKOIを踊るための楽曲」です。
そして、踊っている方もチームによって様々。

本気で踊りを追求している若者中心のチームや、
楽しいのが一番というファミリー中心のチーム、
町興しのために結成されたおばちゃんたちのチーム
などなど。

チームによって楽曲の要望も様々です。

そんなチームさんの要望に応えつつ、
かつ、チームのコンセプトに合う「おもしろい」提案をし、
(可能な範囲で)自分の音楽を追求する。

この、
『残った余白で自分の音楽を追求』する、
つまり、「チームの要望通りの音楽」を作りながら、
その中で「自分らしさを出して音楽を作る」のが腕の見せどころなわけです。

時折、苦手なジャンルのご依頼があったりもします。
それは、制作するのが苦手(と思い込んでいる)ということだったり、
参考楽曲として渡された曲が苦手な(リスナーとして聞きたくない)曲だったり(笑)

こういう場合、
とりかかるまで気が重かったりするのですが、
実際にとりかかると、
「あれ、意外と好きかも」
となるのも不思議なものです。

音楽を好きになるのは
「聞いた回数」も関係があるのだと思います。

そして、何よりおもしろいのが
「むちゃぶり」です。

例えば、

『YOSAKOIっぽくない曲を作って下さい』だったり、

僕)「どんな曲にしましょうか?」
客)「どんな曲がいいですかねぇ?…」
みたいに、具体的なプランが無かったり(笑)
※打ち合わせの90分で構想完成させました

「曲の途中で8×4カウント無音を入れて下さい」
というのもありました(笑)
現場で音を出している音響さんはビビります(笑)

そして、2015年に制作させて頂いた楽曲の中で
最も「自分では作れない」曲はこちら。

by sukapoi 7777 (YOUTUBE)

鹿児島県鹿児島市のYOSKAOIチーム、
かごしま新世界さんの楽曲『Love&Peace』。

楽曲のエピソードをお話すると
長くなりすぎるので割愛しますが、
この『楽しさ』だけは、
「これでもか」というくらい伝わったのではないでしょうか?(笑)

こちらは音楽だけのバージョンです。

この記事を書いた人

<記事・写真>
YOSAKOI作曲家 やまぐちたかひろ
www.facebook.com/takahiro.yamaguchi.71
申請、フォロー、お気軽にどうぞ。
Takahiro Yamaguchi | バナーを作成

長崎県佐世保市出身、福岡県久留米市在住。
1981年生まれ、身長186.5cm。メガネと帽子がトレードマーク。
1歳の娘が可愛くて仕方ない今日このごろ。

過去に制作したYOSAKOI楽曲はこちら
bit.ly/1Kot3Eb

ブログはこちら
www.kodomosize.net/